hdd認識しない様々なパターンと回避する行動を理解:PC救命隊

HDD

様々なパターンが存在

周辺機器

hdd認識しないというトラブルに直面すると、多くの人はパニックに近い状態に陥るでしょう。まして、仕事の重要データを格納しているパソコンにトラブルが起こってしまっている状態では、hdd認識しないことによって生まれる損失まで見えてきてしまい、緊急性から大きな焦りを感じるのは容易に想定できます。
だからといって、焦って自分で間違った行動をとってしまえば重要データの消失を招いてしまいます。ですから、冷静な判断で対応するべきトラブルがhdd認識しないという状況です。そして、冷静な判断の鍵となるのは、hdd認識しない状況において考えられる様々なトラブル要因です。

例えば、大きく分ければ物理障害と論理障害に分けられるのがhdd認識しない状況を生むトラブル要因ですが、障害と言っても多種多様な種類があるということを心得ておきたいところです。特に、物理障害が起きている状況では自己修復を実現するのは難しいため、落ち着いて専門業者に相談する必要があります。
たとえば、パソコンを起動するためのシステムとしてBIOSがありますが、ここでhdd認識しない状態になっているとパソコンの起動そのものができません。ここでまず行うべきことは、パソコン動作に注意をよく傾けてみることです。正常に稼働しているハードディスクならありえない、何度も読み込みを行おうとする音や、カタカタという異音が生じている場合は、物理障害の可能性がとても強くなります。この判断のために試しに行ってみるべき対処としては、パソコンを分解してハードディスクだけ取り出して、他のパソコンに接続してもhdd認識しないトラブルが起きるかどうかを確認する方法があります。
ただし、ハードディスクを取り出して接続する作業が専門的な作業ですし、hdd認識しない状況下で外的に作業を施すことで状態が悪化する可能性も懸念されます。ですから、BIOSレベルでhdd認識しないエラーが起きているのなら、専門業者に相談するほうが早くて確実で、そして、無くしたくないデータを救出してもらえる可能性が最も高まるというところにも目を向ける必要があります。

また、BIOSが認識していたとしてもOSが認識しないケースや、ハードディスクの割り振りが正しく機能していないケースもhdd認識しないトラブルの一例として挙げられます。これらのトラブルの場合、システム面や周辺機器の影響を細かくチェックして修復していけば問題を解決できる可能性はあります。
それでも、自力で解決できない場合や深入りするとリスクが大きくなる場合も多々あるため、少しでも不安を感じたなら専門業者に相談をしたほうが、hdd認識しないトラブルを解決できるのは明らかです。