hdd認識しない様々なパターンと回避する行動を理解:PC救命隊

周辺機器

様々なパターンが存在

周辺機器

hdd認識しないとひとくくりにするのは簡単ですが、問題が起こる要因には様々な理由があります。多くの場合は自己判断で修理するのが危険ですが、冷静な判断ができないほうが問題です。焦らなくて良いように、要因を知るのが大切です。

Read More

前兆について理解する

HDD

hdd認識しない要因となる障害は、必ず発生する前兆を伴っています。症状が偶発的に存在するということはなく、前兆症状が出ている時にはトラブルがいずれ起こるのは明白ですから、早めに対処を検討するために前兆を知るのが大切です。

Read More

回避するべき行動

hdd認識しないトラブルが発生した時はプロに任せるのが良いですよ。口コミでも人気の業者を紹介しています。

HDD

hdd認識しない状況は、パソコンの電源をオンにして起動しようとしたその時にすぐさま気づくものです。そして、多くのユーザーは事前の対策がとれておらず、必要なデータにアクセスできないことで焦り、混乱することになります。このとき、焦って対処するのは良くないとわかっていても、具体的に何をどうすればよいのかわからなければ冷静な判断が難しいのは当然です。
そこで、hdd認識しないトラブルが起きた時に何を行ってはいけないのか、そして、どうするべきなのかを知っておくのが冷静な対処には必須です。

まず、hdd認識しないときに多くの人がとってしまいがちな行動の一つに、必要以上にパソコンを再起動したり、電源を何度もオンオフしてしまったりするというものがあります。初期の障害においてはそれでなんとか正常に起動することもあるため、余計に取ってしまいがちなのが電源の頻繁な操作です。しかし、この行動は、あまりにもやり過ぎると自らハードディスクの命を断ってしまう行動になってしまうと心得るのが大切です。
電源操作を無理やり行うと、ハードディスクの回転を強制的に止めることになります。このことが、ハードディスクの寿命を縮める結果になるということを知っておきたいところです。何度も電源ボタンによって操作されたハードディスクは、内蔵されているプラッタという記録部分に通常ならばつかない傷がついて、余計に読み取りができない物理障害のトラブルに見舞われます。結果として、読み取れない部分が増えることでデータの消滅から大切な情報を救い出せなくなるという問題を生み出し、専門家ですらも解決できない可能性を高めてしまいます。
ですから、hdd認識しないトラブルに見舞われた時に少し再起動しようとして見る程度ならばまだしも、幾度と無く電源操作を試みるのは意味が無いことだということをわかっておきたいところです。そして、再起動してもhdd認識しないようなら、専門業者に相談したほうが早くて安全だという点も、同時に知っておきたいことです。

想像だけで恐ろしい

周辺機器 hdd認識しないときには、誰もが焦って不要な行動を取り、問題を複雑化してしまうことが少なくありません。ですが、それが最も危険な行動です。実際には、専門業者の手を借りて復旧の努力をするのが最良の方法です。

Read More